FC2ブログ

尺八アンサンブル十哲ブログ 2代目

「尺八アンサンブル十哲」は、尺八だけの合奏曲の演奏を目的として活動しているグループです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月1回めの練習終了。

今日は6月1回めの練習でした。
定演のチラシができました。今年は今までと毛色の違った感じ。今年の大合奏曲が山木幸三郎先生に委嘱した曲、『古事記』の初演ということで、幕末から明治期に活躍した日本画家で特に歴史画で名を知られる松本楓湖の『天照大神と須佐男命』の絵を使わせていただきました。ぱっと見美術展の絵かと思わせるような仕上がりになってます。表面は団体名の「尺八」の文字以外尺八要素ゼロです。目にした人がこれでちゃんと演奏会のチラシだと認識してくれるのかどうか、ちょっと不安。
裏面はこんな感じ。こちらも委嘱曲に合わせて、巻物の図案をデザインに取り入れています。けど古事記って巻物なんだっけ?まぁ、イメージだから、大事なのは、ね。
チラシ全体も殆どの要素を縦書きでデザインしました。今までは面倒そうだな、と思って頑なに避けてきたのだけど、テーマが古事記だからにはここはやはり縦書きにせねばなるまいと今回は縦書きに挑戦したのだけど、やっぱり面倒だね。めちゃめちゃ面倒だね、縦書き。やるとしても目立つ見出しあたりにちょこっと使うくらいにしておくべきでしたね。もう二度と再び縦書きでチラシをデザインすることはないでしょう。何が面倒って、アルファベットや数字を入れることは避けて通れないのだけど、それらを一々縦に並べるか横倒しにしてそこだけ横書きにするか、二桁の数字だったら、そこだけ横に並べるとかを選択、設定しなきゃならなくて、しかもそれらを悉く設定したところで、最終的に文字組みが美しくならないんですよね。今回、正直言って表面の文字組みも納得行ってないんですよね。とはいえこれを全部手作業で調整とかやりだすと泥沼にはまるのは必定だし、時間的余裕もなかったので今回はこれで印刷に出しました。まあそんな細かいところを気にするのはデザインした本人だけで見る人は全然気にしないのかもしれないけど。

いやいや、意識としては気にしなくても読みやすさと直結する問題だからね、文字組みは。やっぱり大事だよね。今回のチラシの縦書き部分なんか決して読みやすくないと思うんだよな。けど、手持ちのソフトとフォント、そして限られた時間の中ではこれが限界ということで妥協させていただきました。

そんな感じで練習も順調に問題点がボロボロ出てきております。

8月6日の定演本番まで2ヶ月を切りました。さてどうなりますことやら。

あ、曲順も決まったので発表致します。

1.對酒當歌
2.(タイトル未定)ブラックミュージックメドレー
3.南十字星
4.Flamefox
5.わだつみのいろこの宮
6.古事記(委嘱初演)

全6曲です。お楽しみに。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://juttetsu.blog120.fc2.com/tb.php/233-17b57701
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。